FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百足?馬陸?

こんにちは

この私が連日更新なんて……!
雪でも降るんではないでしょうか?笑


いきなりですが。
今回のタイトル読めました?

たぶん「百足」は読めると思いますが。





そう、ムカデ。



(あ、これ無理かも…と思った方。今回読むのはやめておきましょう!)



問題は次ですよね?

馬陸…?

世の中一般からするとムカデとセット的な感じですね。←ヒントだよ‼︎


もうわかったかな?


正解は……







(ドラムロールが聞こえる…)






ヤスデ!!!!



なんでこう書くのかはわかりませんが。
ただの当て字でしょうか?ナゾ。


飼育者やマニアにとってはヤスデとムカデってかなり違うんですけど、わからない人には全くわからないようで。

脚が多い以外に共通点なんかひとつもないのに…orz



どっちも脚が多い!多すぎる!!
と気持ち悪がられるかわいい生き物です。


まあ二種の見分け方を言うのならば、体節から一対ずつ脚が生えているのがムカデ。
逆にひとつの胴節から二対の脚が生えているのがヤスデ。
って感じですね。


ムカデは捕食者だけど、ヤスデは分解者だし、ムカデは噛まれると毒が入ってあまりひどいと死んでしまうけど、ヤスデは噛まないし……


と書いていけば日が暮れてしまうのでここらへんで。



…ってこんなに百足のこと話しておきながら、本題はそこじゃないっ!!


まあ百足もすごい好きなので後からじっくり書くとして。



今日は馬陸です。本題はヤ!ス!デ!!!




百足と違って特に人に害を与えることもないし、毒もないし(細かく言えばあるんだけど)比較的、人畜無害な多足さんなので、ヤスデって見たことない!って人も案外多かったりして。


基本的に彼らは地中や朽木の下で生活していますが、樹上にもいるんですよ。
ただ地味~な色だし、ゆっくーりした動きしてるし、本当に目につかない。


認知度が低いのもわかる気がする…


でも世界には約8000もの種類がいて、日本だけでも約250種類。
もともとそれほど活発でもなく、移動能力にも優れていないので川を挟んで種類が違うヤスデがいるなんて言うのもザラなんです。

あとは丸くなる。

防御としてなのか硬い外皮を持っているのにもかかわらず丸くなるんです。



こんな感じに。

で、無理に触るとくさーい液体を出すんです。たぶん硝酸。
これが手に着くと茶色になって取れない(皮膚が溶ける)ヒリヒリするし。


いまも子どもヤスデ触って皮膚解けました(笑)


またこれダンゴムシじゃないの?というようなヤスデもいます。

タマヤスデ、通称メガボール。
この深~いエメラルドグリーンがなんとも言えず美しい色合いをしています。惚れ惚れしますね。





ちなみに丸まるのも完全にダンゴムシ。




(私的には某ジブリ映画に出てくるヤツだと思ってる。)


メガボールは分解者の分解者的な存在でして、主に菌類を主食としています。動物の排泄物が腐敗して、その腐敗したところにできる菌類を食べる。
また一段階上のクラスのヤスデです。

飼育上での繁殖例は無いに等しいので私がこっそり頑張ってみます



たぶん私、ヤスデの話をしだしたら止まらないので今日はこの辺でwww

マイナーな種にこそロマンが詰まってますね


次回もヤスデのちょっとマニアックな深い話をしてみようかな♪

スポンサーサイト

脱皮

F1日本GP47周目で終わりましてビアンキが心配なところです

私の敬愛するセバスチャンベッテルも来期はレッドブルを離れフェラーリに行くとかなんとか。

そしたら私はレッドブルからフェラーリファンに…(笑)

そんな私事は置いといて!!




今日朝の霧吹きをしていましたら見つけました。
ブラジリアンブラックという種類のタランチュラが脱皮して、色が上がりまくっておりました



右上が脱皮皮で、左側の黒いのが本体ねwwwwww
まずタランチュラが脱皮をするということに驚いた方もいらっしゃると思いますが、それよりも2匹になってる!!!!!!と思った方少なくないはず。

そうなんです。タランチュラってあの形のまんま脱皮するんですよ。
ちなみにその脱皮皮がこちら↓


この真ん中の鉤爪みないなのはお口です
毛並みとかホントにそのまま。

「タランチュラって毒あって噛まれると死んじゃうんじゃないの?」という質問も多くありますが、
タランチュラの毒は微量(種類にもよりますが)で、人にはほとんど効果を持ちません。

もちろん噛むこともありますがよほどタランチュラを刺激しない限り噛んでは来ませんし、まあ本来ベタベタ触るものでは無いですからね。
刺激して噛まれた日には死にたくなるぐらいの痛みと戦うリスクがついてくるので…。

触らなきゃいいだけの話です。笑

ですが腹部(お尻の丸い部分)には蜂の針のような刺激毛というものがついておりまして。
お尻を後ろの足でコソコソ掻いて飛ばすんですよ、刺激毛を!!

これが刺さったりしたら手は腫れますし、喉に入って声が一日でなくなったなんてことも。
最悪アナフィラキシーショック…なんてこともあります。

私は結構飛ばされて手がシカシカ痛むぐらいで終わってるんですけどねwwwwww
そこは個人差大なのでくれぐれもお気をつけください笑

ですが!基本は触らない
タランチュラ=観賞用と覚えておいてください。

何度もいいますよ?触らない!!!!


ですがやっぱり美しくてかわいいので魅力は知っていただきたいですね

大人タランチュラは短いスパンで脱皮はしないので
長年飼っていても綺麗になったNEWタランチュラが見れるのは嬉しいものです。

こんな小さくても寿命はメスで約20年あるので長い付き合いになりそうです。
オスは5年と短寿命なんですけどね。



昨日の鳥の記事の可愛らしさに打って変わった記事でした!笑

それでは、いまから夜の部のメンテナンスしてきます。


明日は月曜日
今週もがんばっていきましょう!!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。